筋肉アップQ&A

飲むだけで筋肉がつくサプリはある?簡単に筋肉増強する方法まとめ

ボディメイクプログラムHMBのサプリ

飲むだけで筋肉がつくサプリがあったらかなり魅力的ですし、飲んだみたいと感じる人も多いと思います。

やっぱり面倒な毎日のトレーニングや食事管理などは相当意思が強くないと続けられないですし、本格的な筋肉増強を目指すにはハードルがどうしても高いですよね。

私も昔、バッキバキの筋肉にあこがれていて、副作用なんてどうでもいいからステロイド使ってプロレスラーみたいなバッキバキの筋肉になれないかな…とか考えたことがありました。(※実際にはやってませんよ)

最近はステのような危険性はないのに飲むだけで筋肉を簡単に増やせるようなイメージのサプリメントが増えてきています。

実際のところそうしたサプリって本当に飲むだけで効くのかという点は確かに気になりますよね。

話題のHMBサプリは飲むだけで筋肉がつくのか

数年前からHMBサプリがめちゃくちゃ流行していて、新商品が頻繁に登場しています。

あわせて読みたい
HMBとは
HMBとは?知らないのはもったいない凄い成分HMBはここ数年大きな注目を集めてHMBサプリというサプリメントのジャンルを作り出した注目度の高いで成分です。ここではHMBとは何なのか。そしてHMBに期待できる効果や筋肉への効き方などをわかりやすくまとめていきたいと思います。...

もうなくなっちゃいましたけど、あのGA○KTさんなんかもHMBサプリを愛用していると公表したりして注目されていましたね。

HMBサプリは筋肉の成長をサポートしてくれますし、筋肉が分解されて減少するのを抑えてくれる働きがあります。

ただ、どんなにHMBの配合量が多いサプリメントでも、今以上に筋肉をつけるためには筋肉に負荷を与える運動が必須です。

運動を全くしないでHMBサプリだけを飲んでいても見た目が変わるということはありません。

飲むだけで筋肉を増やすのは基本的に無理

夢を壊してしまうようですが、どれだけ有効成分が詰まったサプリを飲んでも飲むだけで筋肉を増やすのはほぼ不可能と思って下さい。

HMBとかクレアチンとかEAAとかBCAAとか色々と筋肉のために役に立つ成分がサプリで手軽に摂取できますが、それらは飲むだけで筋肉を増やす効果を持っているわけではありません。

飲まないよりも飲んだ方が筋肉がつきやすい状態になるのは間違いないですが、飲むだけで寝たきりなのに筋肉が増えるはずはないのです。

購入を促すために飲んだらバキバキになったような販売ページを作っているメーカーもありますが、それはあくまでもイメージ戦略というもので実際にモデルの男性のような体型にはなれません。

格闘家やボディビルダーがトレーニングなしで体を作っていることはありえないですし、現在HMBサプリを愛用していたとしてもその前からトレーニングによって体は仕上がっていたはずです。

筋肉増強を早めるにはHMB+効率のいい筋トレがベスト

HMBサプリそのものを否定しているわけではありません。

筋肉を増やすためにHMBサプリを使うことをメインとして考えるのではなく、あくまでも効率よく筋肉をつけるためのサポートとして捉えるようにするのが重要です。

筋肉に刺激を与える必要がある

運動のパフォーマンスをアップサプリを飲んで運動をするのがベスト

全く筋肉に刺激がないのにサプリだけを飲んで筋肉が増えるということはありませんので、筋肉に何らかの形で刺激を与える必要があります。

筋肉に負荷を与えて刺激を受けた筋肉は一度筋繊維が破壊されて傷がついた状態になります。そしてそこに必要な栄養素を摂りながら休養をすることで徐々傷がついてしまった筋肉が修復されていきます。

この修復の際に筋肉が肥大化して大きくなっていきます。

これがよく耳にすることがある超回復というものです。

HMBサプリなどを使うと超回復が起こるまでの時間を短縮したり、超回復によって大きくなる筋肉の量を増やす事ができます。

なので筋肉に刺激を与えるトレーニングをしながらHMBサプリを飲んでおけば、筋肉がつくまでに必要な努力が少なくて済むということになります。

筋肉をつけるには無酸素運動が必要

ダイエットをするなら有酸素運動で脂肪の燃焼をするのが大切ですが、筋肉をつけるには無酸素運動が必須です。

筋肉に刺激を与えるためにはどうしてもバーベルやダンベルなどを使いながら地道に自分でトレーニングを行う必要があります。

お腹をシックスパックに割りたいなら腹筋運動をして腹筋に負荷を与えなければいけませんし、腕や肩、胸を鍛えるにはそれぞれの部位に負荷を与えていかなければ行けません。

筋肉を増やして引き締めるには限界ギリギリまで追い込む無酸素運動を繰り返していく必要があるので、慣れていないと痛みなどで苦痛を感じることになります。

HMBサプリを飲んでおけば筋肉のダメージ回復を早めることができるので、筋肉痛などで苦しむ期間を短縮させることができます。

EMSの刺激を活用するのもあり

SixpadなどEMS器具を使う少しでも楽をして筋肉をつけていきたいのであればEMSは活用するべきです。わりと前からEMS器具は流行していましたが、ここ最近のEMSの進化は素晴らしいものがあります。

CMなどでもおなじみのSIXPAD(シックスパッド)などはトレーニングに最適な周波数である20Hzで筋肉を刺激し続けることができるので限界を超えたトレーニング効果を楽して手に入れることができます。

デスクで作業をしているときでも本を読んでリラックスしている時でもテレビを見てダラダラしている時でもSIXPADを巻いているだけで筋肉に負荷を与えることができるので本当に楽です。

SIXPADであれば腹筋だけではなく上腕二頭筋や大腿四頭筋なども鍛えることができるので、鍛えたい部位をほぼカバーすることができるようになっています。

なべ
なべ
私もSIXPADを購入して使っていますが、刺激はやや弱めです。筋肉にEMSは届きますが、いい意味でも悪い意味でも痛くないので筋肉痛になるほどのトレーニング効果は得られません。なので腹筋トレーニングのサポート程度に使うのがベストです。

流行りの加圧シャツも有効

筋肉に刺激を与える手間を省いてくれるのはEMSだけではありません。最近だとSNSでも着ているだけで筋肉が引き締まったなどということで話題になっている加圧シャツなども科学的根拠があるので有効です。

着ているだけでも筋肉に刺激が行き続けるうえ、適度な刺激が有酸素運動をしているのと同じような状態を作り出してくれるので文字通り着ているだけで筋肉を引き締めることができるようになっています。

敢えてキュッと圧力をう加えて筋肉を締めることで乳酸が筋肉に蓄積していくようになるので、結果的に成長ホルモンの分泌を促していくことができるのがポイントです。

メリットばかりではなく肌が弱い人が着ると肌が痒くなってしまうとか、なるべく長い時間き続ける必要があるなどデメリットもありますが、筋肉にも精神にも大きな負荷を与えてしまう通常のトレーニングを毎日続けるよりは簡単に筋肉を増やせることには違いないです。

自宅に簡易的なトレーニング環境を作るのもおすすめ

結局いろいろな小道具を使っても筋肉をつけるサポートにはなりますが、それだけで筋肉がバキバキにするのは厳しいです。

やっぱり最終的な決め手になるのは自分自身で努力をどれだけ続ける事ができるか?というところになってきます。

私の場合はジムに通っていた時期もありましたが、ジム特有のストレスに嫌気がさして自宅でのトレーニングのみに専念することにしました。

自宅においてあるトレーニンググッズ
  • 筋膜リリース用のローラー
  • ダンベル10kg×2
  • エアロバイク
  • ゴムチューブ(強)
  • ハンドグリップ
  • ワンダーコア

これだけ揃えてあればジムに行かなくても問題なくストレスのないトレーニングができています。

買い揃えるのにお金がかかりますが、ジムの月額費用のことを考えると1年くらいでペイできますよ。

まとめ

飲むだけで筋肉を増やせるサプリが欲しいという人も多いのですが、サプリで栄養を摂取するだけではなく「刺激」を筋肉に与えることも忘れてはいけません。

HMBサプリは飲むだけでは意味がないので、自分の意思で運動をすることを意識して続けるのが重要です。

普通にトレーニングを継続していく自信がないなら筋肉に刺激を与えるために開発されているグッズを使ってみるのもいいです。

流行り廃りは確かにありますが、現在の技術で開発されているEMSなどは従来のものとはレベルが全く違うので試して実感してみるのが早いかと思います。